読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIMチの日記

ダブルバトルを中心に極まれに構築などについて書きます。

第4回噴火杯4位構築 「バクーダトリパ」

どうも、きむりんです。

 

普段あまりトリプルバトルはやらないのですが、第4回噴火杯に参加して4位という結果を残せたので今更ですがパーティーを公開したいと思います。

 

構築のメンツ自体はとある方(すいません、忘れました)のを丸パクリですが技や調整はいじってます。

 

構築のメンツ

f:id:kim96ko77:20160702000100g:plainf:id:kim96ko77:20160702001403g:plainf:id:kim96ko77:20160702000935g:plain

f:id:kim96ko77:20160702000853g:plainf:id:kim96ko77:20160702001301g:plainf:id:kim96ko77:20160702001224g:plain

 

個別解説

f:id:kim96ko77:20160702000100g:plain

バクーダ@バクーダナイト <ハードロック→ちからづく 熱風 大地の力 原始の力 守る>

  177(252)-×-121(4)-↑216(252)-125-↓22 (S個体値0)

 トリプル界でトリル下最強ではないかというポケモン。タイプ一致と特性のちからづくによりかなりの威力になる熱風に同じくタイプ一致で広い範囲を誇る大地の力、この2つの技だけではきついリザードンなどを見るための原始の力に安定する守る。基本的にトリル後に後発から出して暴れます。とにかく強かったですが意外と見た目に反してかなりもろいので注意が必要でした。

 

f:id:kim96ko77:20160702001403g:plain

 サマヨール@しんかのきせき <特性:おみとおし 技:ナイトヘッド 挑発 よこどり トリックルーム>

147(252)-×-162(92)-×-↑188(164)-↓27 (S個体値0) 

 このパーティー唯一のトリル要員。全試合初手で出して相手の持ち物をお見通して1ターン目の動きを決めやすくする。調整はHBがテラキオンの6段階上昇命の珠岩雪崩を確定耐え、残りDです。当初は挑発→いたみわけだったのですが、トリルを返されるとこのパーティーは絶望しか生まれないので採用。逆にサマヨールのテンプレであるよこどりを使う機会がほとんどなく、サマヨールを長く生きらせてトリルをもう1回使いたい場面が多々あったのでよこどり→いたみわけはありかもしれない。元々の種族値と輝石の所持によりまさに耐久オバケだった。

 

f:id:kim96ko77:20160702000935g:plain

 ニンフィア@せいれいプレート <特性:フェアリースキン 技:ハイパーボイス ムーンフォース めざめるパワー(地面)守る>

 189(148)-×-117(252)-↑157(104)-150-↓59 (S個体値0、めざ地個体につきCD個体値30)

 トリパによく組み込まれるトリルアタッカー。技はテンプレ。配分はHBで陽気メガガルーラの捨て身耐え。バクーダの熱風と合わせてあらゆるポケモンを葬る。葬れなくても後述するマリルリと合わせて色々なポケモンを倒す。プレートでも強いが、微妙に火力が足りないので珠を持たせたい。ただ、そうするとこれまた後述するキリキザンの存在意義がなくなるのでやむをえないだろう。

  てか、記事書いてて気づいたけど、こんなにBに割かなければ3決勝てたやん!!

 

f:id:kim96ko77:20160702000853g:plain

ドーブル@こだわりスカーフ <特性:マイペース 技:ダークホール このゆびとまれ ワイドガード ねこだまし>

162(252)-↓×-56(4)-×-65-↑139(252) 

 主に初手で出してサマヨールがトリルを張るのをサポートします。基本的にねこだましですが、すきあらば積極的にダークホールを打っていきます。強いっちゃつよいんですが、僕のプレイングの問題もありよく腐ってしまうのが難点…

 ワイドガードについてはほぼ全く使わず、むしろトリックガードの方がほしい場面が多かったのでトリックガード推奨です。 

 

f:id:kim96ko77:20160702001301g:plain

キリキザン@いのちのたま <特性:まけんき 技:アイアンヘッド はたきおとす ふいうち まもる>

141(4)-↑194(252)-120-↓×-90-122(252) 

 テンプレもいいとこ、ごく普通の珠キザンです。ホントに普通ですが初手でドーブルと一緒に出すとみんなドーブルになんらかしらの行動をしないといけないのでキリキザンがフリーに動けます(ドーブル放置でキザン攻撃してきたら安定の台パン)。問題点としては、トリル張ったあと、当然ですが相手のニンフィアよりも行動順が遅くなるのでニンフの処理がかなり怪しくなります。その辺はプレイングで誤魔化しましょう。

 

f:id:kim96ko77:20160702001224g:plain

マリルリ@オボンのみ <特性:ちからもち 技:アクアジェット じゃれつく はらだいこ まもる>

206(244)-↑112(252)-100-×-102(12)-↓49 (S個体値0) 

 おそらく、このパーティーで1番キーとなるポケモン。トリル最終ターンに相手は守れるなら守って上から縛りたいという思考になるのでそのタイミングで太鼓を叩いてトリルが切れても縛り続けます。と、言葉だけでは簡単そうに聞こえますが、実際にはそんなうまくいかず、太鼓を叩くタイミングが非常にシビアです。また一見有利対面に見える盤面も太鼓を叩いてないマリルリの火力はいくら特性のちからもちがあるとは言え心もとないぐらいの火力しかないのでうまく見極めて叩いていく必要があります。ただ、1回叩ければ例え残数2-4ぐらいなら相方にもよりますが普通にひっくり返すぐらいのパワーがあるので強いです。なにより、トリパの課題であるトリルが切れたあとのケアができてるのでパーティーとの相性は◎です。

 

 基本的にどのパーティーとも渡り合えますが、対エルテラドーは初手から択と雪崩怯み ゲーがあり、また滅び雨ではない脳筋のような雨パがきつかったです。

 

予選6-1(2位通過) 決勝トーナメント2-2  

 

結果4位

 

  今回のオフでは普段話さない人とも交流できて、非常に楽しかったです。今更ですが、ありがとうございましたm(__)m